アプリ開発でよく使うDB2のコマンド集

DB2

DB2を使って開発を行う際によく使うコマンドの使い方のサンプルと解説をまとめました。

今回はよく使うDB2コマンドについてお勉強しよう!

目次

アプリ開発でよく使うDB2のコマンド集

DB2のバージョン情報の確認

b2level

データベースの一覧の確認

"LIST DB DIRECTORY"
b2 "LIST DATABASE DIRECTORY"

データベースへ接続

db2 "CONNECT TO database_name USER user_name USING password"

データベースから切断

db2 "CONNECT RESET"
db2 "TERMINATE"

DBを切断するTERMINATEとCONNECT RESETの違い

TERMINATEとCONNECT RESETコマンドはどちらもデータベースから切断しますが、CONNECT RESETはバックエンドプロセスは終了しないのに対して、TERMINATEはバックエンドプロセスを終了します。

データベースのバックアップを取得

db2 "BACKUP DB database_name TO /backup"

リストアをおこなう

db2 "RESTORE DB database_name FROM /backup"

表スペースの確認

db2 "LIST TABLESPACES"

スキーマ名を指定する

db2 "SET CURRENT SCHEMA svhema_name"
db2 "SET SCHEMA schema_name"

CURRENTは無くても問題ありません。

テーブルの一覧を表示

db2 "LIST TABLES"

すべてのテーブルの一覧を表示

db2 "LIST TABLES FOR ALL"

スキーマ(SCHEMA)を指定してテーブルの一覧を表示

db2 "LIST TABLES FOR SCHEMA schema_name"

カタログ表の一覧を表示

db2 "LIST TABLES FOR SYSTEM"

テーブル定義を表示

db2 "DESCRIBE TABLE table_name"

スキーマを指定して表の内容を表示

db2 "DESCRIBE TABLE schema_name.table_name"

接続しているユーザーの確認

db2 "LIST APPLICATIONS"

まとめ

よく使うDB2コマンドをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

今回はよく使うDB2コマンドについてお勉強したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる