DB/SQL

【SQL】UPDATE文でのNULLの使用方法

UPDATE文でのNULLの使用方法

SQLを使うときにNULLに更新したいことやNULLである項目を更新したいことはありませんか?今回はUPDATE文でのNULLの使用方法を解説します。

ペンちゃん
ペンちゃん
UPDATE文でのNULLの使用方法を確認しよう!

NULLとは

NULL(ヌル、ナル)は特殊な値であり、データが存在しないという意味を持ちます。文字列の空文字(”)や数値の0とは異なる特殊な値です。そのため、NULLの取り扱いには十分に注意する必要があります。

SELECT文でのNULLの取り扱い方法はこちらをご覧ください。

NULLの使用方法
【SQL】SELECT文でのNULLの使用方法SQLを使うときにNULLであるかどうか判定するために「= NULL」としてしまうことはありませんか?今回はSELECT文でのNULLの...

NULL値を持つデータのUPDATE

NULLのデータのUPDATE方法

NULLであるデータをUPDATEするにはIS NULLを使います。

例としてスポーツテーブルからスポーツの列がNULLのデータを更新します。

テーブルの内容

テーブル(SPORTSTABLE)の一覧を見てみましょう。

ID:0003, NAME:PENCHAN のSPORTSの項目がNULLになっています。このレコードを更新してみましょう。

SQL

上記のSQLはSPORTSの項目がNULLになっているレコードをSOCCERに更新するものです。

SQLの実行結果

SPORTSの項目がNULLになっているレコードがSOCCERに更新されています。

NULLにデータをUPDATEする方法

NULLにデータをUPDATEするには= NULLを使います。

例としてスポーツテーブルのスポーツの列をNULLにデータを更新します。

テーブルの内容

ID:0003, NAME:PENCHAN のSPORTSの項目をSOCCERからNULLに更新してみましょう。

SQL

上記のSQLはSPORTSの項目がSOCCERになっているレコードをNULLに更新するものです。

SQLの実行結果

SPORTSの項目がSOCCERであったレコードがNULLに更新されています。

まとめ

SQLを使うときにNULLに更新したいことやNULLである項目を更新したいことがあると思います。そんなときは今回の方法を思い出してSQLを実行してみてください。

ペンちゃん
ペンちゃん
UPDATE文でのNULLの使用方法を確認したよ!