【sdiffコマンド】ファイルの差分を確認する・diffコマンドとの違い~Linuxコマンド~

sdiffコマンドの使い方

今回はLinuxコマンドであるsdiffコマンドの使用方法です。sdiffコマンドでファイルの差分を確認することができます。また、sdiffコマンドとdiffコマンドの違いもあわせて紹介します。

今回はLinuxコマンドのsdiffコマンドの使い方についてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください

目次

diffコマンドとsdiffコマンドの違いは?

diffコマンド
ファイルの差分を出力する

sdiffコマンド
ファイルの差分を左右に並べて出力する

diffコマンドはファイルの差分を出力するだけに対して、sdiffコマンドでは左右に並べて出力することができます。

diffコマンドの具体的な使い方は以下の記事を参考にしてください。

sdiffコマンドの使用方法

ファイルの差分を並べて出力する

sdiffコマンドでファイルの比較を並べて表示するには次のようにすればよい。

$ sdiff file_penchan1.txt file_penchan2.txt

この例では、2つのファイル(file_penchan1.txtとfile_penchan2.txt)の差分を並べて出力している。

#ファイル1の確認
$ cat file_penchan1.txt
aaa
bbb
ccc
ddd
eee

#ファイル2の確認
$ cat file_penchan2.txt
aaa
pencahn
ccc
eee
fff

#ファイルの比較
$ sdiff file_penchan1.txt file_penchan2.txt
aaa   aaa
bbb | pencahn
ccc   ccc
ddd <
eee   eee
    > fff

sdiffの結果は

  • ファイル1(file_penchan1.txt)にのみその行が存在するとき、”<“が出力される
  • ファイル2(file_penchan2.txt)にのみその行が存在するとき、”>”が出力される
  • その行の2つのファイルの内容が異なる場合は”|”が出力される

まとめ

sdiffコマンドは以下の通りです。

sdiffコマンド
ファイルの差分を左右に並べて出力する

ぜひ覚えて利用してください。

今回はLinuxコマンドのsdiffコマンドの使い方についてお勉強したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる