Linuxコマンド

【diffコマンド】ファイルの差分を確認~Linuxコマンド~

diffコマンドの使い方

今回はLinuxコマンドであるdiffコマンドの使用方法です。diffコマンドでファイルの差分を確認することができます。また、diffコマンドのオプションの使い方もあわせて紹介します。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのdiffコマンドの使い方についてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

Linuxコマンド記事一覧
Linuxコマンド記事一覧Linuxコマンドの記事一覧です。ぜひ役立ててください。 Linuxコマンド一覧 b basename パスから...

diffコマンドとは

diffコマンド

ファイルの差分を出力する

diffコマンドは2つのファイルの差分を確認することができます。

diffコマンドの形式

「ファイル1」と「ファイル2」の差分を表示します。

diffコマンドのオプション

diffコマンドのオプションは次のようなものがあります。

オプション 内容
-i 大文字と小文字を区別しない
-q ファイルが異なるかの結果だけを出力する
-s ファイルが同じ場合でも結果を出力する

使用方法

ファイルの差分を出力する

diffコマンドでファイルの比較をするには次のようにすればよい。

この例では、2つのファイル(file_penchan1.txtとfile_penchan2.txt)の差分を出力している。

diffの結果の”2c2″はファイル1(file_penchan1.txt)の2行目がファイル2(file_penchan2.txt)の2行目に変更(change)されているということである。
”< bbb”がファイル1(file_penchan1.txt)の内容、"> penchan”がファイル2(file_penchan2.txt)の内容である。

ファイルの内容が同じときのdiffコマンド

2つのファイルが同じ場合diffコマンドだけでは結果は何も表示されない。
結果を表示するには”-s”コマンドを使用すればよい。

ファイルが異なるか確認するdiffコマンド

2つのファイルが異なるかだけをdiffコマンドで確認するには”-q”コマンドを使用する。

まとめ

diffコマンドは以下の通りです。

diffコマンド
  • 2つのファイルの差分を出力する
  • -s コマンドで同一であるか確認する
  • -q コマンドで異なるか確認する

ぜひ覚えて利用してください。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのdiffコマンドの使い方についてお勉強したよ!