URLの形式とは?~ネットワークスペシャリスト試験攻略しよう~

URLの形式とは

今回はネットワークスペシャリスト試験に合格するために必要な知識として、URLの形式について学習していきましょう。

今回はURLの形式についてお勉強しよう

目次

ネットワークスペシャリスト試験攻略

情報処理技術者試験の一区分であるネットワークスペシャリスト試験を攻略するためのシリーズになります。今回はURLの形式について学習していきましょう。

URLの形式とは

URLの形式は次のようになります。

URLの形式
スキーム://ホスト名[:ポート番号]/サブディレクトリ名/ファイル名

Webブラウザは、スキームでサーバへアクセスするプロトコルを決めます。
例えば”ftp”,”http”,”nntp”等があります。
ポート番号は省略でき、例えばスキームに”http”を指定して、ポート番号を指定しなかった場合、”http”の標準のポート番号である80が指定されているものとみなされます。

ポート番号についてはこちらをご覧ください。

例を見てみましょう。

http://example/subdir/examfile.txt

この例では
ホスト名”example”の”subdir”ディレクトリの”examfile.txt”ファイルをプロトコル”http”で取得します。この時のポート番号は80となります。

ネットワークスペシャリスト試験の過去問で攻略

問題

WebブラウザでURLにhttps://ftp.example.jp/index.cgi?port=123と指定したときに、Webブラウザが接続しにいくサーバのTCPポート番号はどれか。
(NW H30年秋 問14)

 21
 80
 123
 443

解答

 21

FTPのポート番号であり、FTPに接続するときのURLは”ftp://‥‥”となるため誤りです。

 80

80はHTTPのポート番号であり、HTTPで接続するときURLは”http://‥‥”となるため誤りです。

 123

port=123とあるのは変数portに123という値を渡すという意味でポート番号とは無関係である。123のポート番号で接続するには”https://ftp.example.jp:123/‥‥”のようにすればよい。よって誤りです。

 443

URL“https://ftp.example.jp/index.cgi?port=123”は、
スキーム “https”、ホスト名 “ftp.example.jp”、パス名 “index.cgi?port=123”である。使用するプロトコルは“https”であるので、WebラウザがアクセスするサーバのTCPポート番号は443なので正解です。

答え

 443

まとめ

ネットワークスペシャリスト試験で覚えないといけない内容は以下になります。

URLの形式
スキーム://ホスト名[:ポート番号]/サブディレクトリ名/ファイル名

以上の形式を覚えておきましょう。

今回はURLの形式についてお勉強したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる