ファイナンシャル・プランナー(FP)

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは

ファイナンシャル・プランナーとは

ファイナンシャル・プランナー(FP)は資産運用や税制、相続などの金融知識を暮らしに活かせる資格です。

FPの資格について

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)

国家検定のひとつで、1~3級までの3種類あります。

AFP認定者

日本FP協会の認定資格で25年以上の歴史があり、国内で幅広く普及しています。2年ごとの資格更新に継続教育が義務付けられています。

受検資格
以下のいずれかに該当する人
  • AFP認定研修の受講修了者
  • 3級FP技能検定合格者
  • FP実務経験2年以上

  • 認定要件
    以下の両方に該当する人
  • AFP認定研修の受講修了
  • 2級FP技能検定に合格
  • CFP認定者

    世界24カ国で認められ、世界共通水準のプロフェッショナルであることを証明する資格です。日本では日本FP協会が認定しています。

    受検資格
    以下のいずれかに該当する人
  • AFP認定者
  • 協会指定大学院の所定課程修了

  • 認定要件
    以下の両方に該当する人
  • AFP認定者
  • CFP資格審査試験に合格
  • CFPエントリー研修修了
  • 一定の実務経験
  • どの試験を受けたらいいのか

    参照日本FP協会

    まずはFP技能検定の3級から受検してみましょう。

    3級FP技能検定の受験資格

    FP3級の受験資格は、

    FP業務に従事している者または従事しようとしている者

    です。

    試験実施機関

  • 日本FP協会
  • 金融財政事情研究会
  • の2機関で試験を実施しています。学科試験問題は同一内容です。

    詳しくはこの記事をご覧ください。
    FP3級の学習法 学科試験 120分で60問を解答する試験になります。全問マークシート形式で60%正解で合格になります。…

    まとめ

    FPは年金、保険、投資、税金、不動産など暮らしに必要な知識を学ぶことができます。

    是非検定試験を受験してみてください。