情報処理技術者試験

コーポレートブランドとは?情報処理技術者試験を攻略しよう!

コーポレートブランド とは

今回は情報処理技術者試験に合格するために必要な知識として、コーポレートブランドについて学習していきましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はコーポレートブランドについてお勉強しよう!

コーポレートブランドとは?

今回はコーポレートブランドについて学習していきましょう。

コーポレートブランドとは何でしょうか?

コーポレートブランドとは?

コーポレートブランドとは、その企業、グループに対するイメージや価値を決定付ける無形の資産のことです。

簡単に説明すると、その企業の名前を聞いたときにどのようなイメージが思い浮かぶのかということです。

例えば、Aという名前を聞いたとき「高級」・「安心・安全」・「独創的」のようなイメージが浮かんだ場合、それらがコーポレートブランドとになります。

ITパスポート試験の過去問で攻略

ITパスポート試験の過去問で確認してみましょう。

問題

iパス 31年春 問21

コーポレートブランドを高める目的として,最も適切なものはどれか。

 企業が有する独自のスキルや技術に基づいて,競合他社では提供が不可能な価値を顧客にもたらすことである。

 企業名などから製品やサービスの品質イメージを連想させることで競争優位性をもたらすことである。

 経営者や企業が社会に対して,企業の普遍的な価値観,企業活動の基本的な考え方を公表して,ステークホルダの共感を得ることである。

 流通業者の主導権のもとで製造業者などと連携して開発し,生産される独自ブランドの商品を低価格で販売することである。

解答

 企業が有する独自のスキルや技術に基づいて,競合他社では提供が不可能な価値を顧客にもたらすことである。

コアコンピタンス経営の目的なので不正解です。

 企業名などから製品やサービスの品質イメージを連想させることで競争優位性をもたらすことである。

コーポレートブランドを高める目的なので正解です。

 経営者や企業が社会に対して,企業の普遍的な価値観,企業活動の基本的な考え方を公表して,ステークホルダの共感を得ることである。

経営理念を定める目的なので不正解です。

 流通業者の主導権のもとで製造業者などと連携して開発し,生産される独自ブランドの商品を低価格で販売することである。

プライベートブランド戦略の目的なので不正解です。

答え 

まとめ

情報処理技術者試験試験で覚えないといけない内容は以下になります。

コーポレートブランドとは?

コーポレートブランドとは、その企業、グループに対するイメージや価値を決定付ける無形の資産のことです。

以上の内容を覚えておきましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はコーポレートブランドについてお勉強したよ!