宝くじの当選確率・期待値 2020年末ジャンボ宝くじで計算

宝くじの当選確率と期待値

宝くじってどのくらいの確率で当たるのか?皆さんも気になりますよね。
今回は宝くじの当選確率と期待値について2020年末ジャンボ宝くじで計算してみました。

今回は宝くじの当選確率と期待値について計算してみよう!

目次

2020年末ジャンボ宝くじ

2020年末ジャンボ宝くじ(第862回全国自治宝くじ)の情報をまずは見てみましょう。

  • 名称:年末ジャンボ宝くじ(第862回全国自治宝くじ)
  • 発売期間:2020/11/24~2020/12/25
  • 発売総額(1,320億円・22ユニットの場合 ※1ユニット2,000万枚)
  • 単価:1枚300円
  • 抽選日:2020/12/31

年末ジャンボ宝くじの当選金と本数

年末ジャンボ宝くじの1等~7等の当選金と本数は次の通りです。

金額本数
1等700,000,000円22本
1等前後賞150,000,000円44本
1等組違い賞100,000円4,378本
2等10,000,000円88本
3等1,000,000円880本
4等50,000円44,000本
5等10,000円1,320,000本
6等3,000円4,400,000本
7等300円44,000,000本

宝くじの当選確率

それでは各等の当選確率を見ていきましょう。
宝くじの販売本数は2,000万(1ユニット)×22ユニットなので440,000,000本です。

1等の当選確率

1等は22本なので
440,000,000本÷22本=20,000,000分の1

1等の当選確率
0.000005%

1等前後賞の当選確率

1等前後賞は44本なので
440,000,000本÷44本=10,000,000分の1

1等前後賞の当選確率
0.00001%

1等組違い賞の当選確率

1等組違い賞は4,378本なので
440,000,000本÷4,378本=100,503分の1

1等組違い賞の当選確率
0.001%

2等の当選確率

2等は88本なので
440,000,000本÷88本=5,000,000分の1

2等の当選確率
0.00002%

3等の当選確率

3等は880本なので
440,000,000本÷880本=500,000分の1

3等の当選確率
0.0002%

4等の当選確率

4等は44,000本なので
440,000,000本÷44,000本=10,000分の1

4等の当選確率
0.01%

5等の当選確率

5等は1,320,000本なので
440,000,000本÷1,320,000本=333分の1

5等の当選確率
0.3%

6等の当選確率

6等は4,400,000本なので
440,000,000本÷4,400,000本=100分の1

6等の当選確率
1%

7等の当選確率

7等は44,000,000本なので
440,000,000本÷44,000,000本=10分の1

7等の当選確率
10%

宝くじの期待値

宝くじの期待値を計算してみましょう。
先ほどの、宝くじの当選確率をまとめると以下のようになります。

金額確率
1等700,000,000円20,000,000分の1
1等前後賞150,000,000円10,000,000分の1
1等組違い賞100,000円100,503分の1
2等10,000,000円5,000,000分の1
3等1,000,000円500,000分の1
4等50,000円10,000分の1
5等10,000円333分の1
6等3,000円100分の1
7等300円10分の1

ここから、期待値を計算すると、約150円です。

年末ジャンボの期待値
約150円

高額当選者数日本一の「西銀座チャンスセンター」で宝くじが購入できる!




年末ジャンボの当選確率29年連続1位で平成・令和の億万長者499名、805億円と多くの高額当選者が西銀座チャンスセンターから生まれています!
TVの情報番組でも紹介されているため、いつも混んでおり長時間並ばなければなりません。
自宅にいながら縁起の良い売り場で並ばずに宝くじが購入できるのっていいですよね?
そんなドリームチャンスのお申込みはここからできます。

宝くじ購入代行はドリームチャンスはここをクリック

まとめ

今回は宝くじの当選確率と期待値について2020年末ジャンボ宝くじで計算してみました。皆さんもぜひ夢をつかんでみてはいかがですか?

今回は宝くじの当選確率と期待値について計算してみたよ![/chat]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる