その他資格

学生に特におすすめのビジネス文書実務検定試験!合格のメリットとは?

ビジネス文書実務検定試験

ビジネス文書実務検定試験とは、ビジネス文書の基本的な知識と、ワープロ入力に関する基本的なスキルを認定するための検定試験です。今回はビジネス文書実務検定試験を受験するメリットをみていきましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はビジネス文書実務検定試験を受験するメリットをみてみよう!

ビジネス文書実務検定試験を受験するメリットとは?

ビジネス文書実務検定試験とは、ビジネス文書の基本的な知識と、ワープロ入力に関する基本的なスキルを認定するための検定試験です。パソコンの操作やワープロ入力に関する知識や技術、ビジネス文書の作成や管理、漢字や熟語といった国語に関する基本能力などが試されます。また、表や図形などを含む文書の作成についても出題されます。

試験は1級~4級の4段階が設けられており、筆記・実技能力をみる「ビジネス文書部門」と、入力実技能力をみる「速度部門」の2つの部門で試験があります。合格基準はビジネス文書部門が、全級で100点満点中70点以上。速度部門は1級が700字以上、2級が450字以上、3級が300字以上、4級が200字以上です。それほど難しい試験ではありまれせんから、できれば1級または2級の取得を目指しましょう。ビジネス文書実務検定試験に合格すると、次のようなメリットが得られます。

メリットその1:情報社会での実務能力が身につく

ビジネス文書実務検定試験では、パソコンのワープロソフトを使って、正確かつスピーディーに文章を入力する能力が求められます。この能力を見つけるためには、文章を正確に素早く読み解く「読解力」が不可欠です。ビジネス文書実務検定試験の勉強を通じて読解力が養われますから、メールや報告書、企画書など、ビジネス文書作成における実務スキルが向上します。

試験では文章作成だけにとどまらず、表計算ソフトやプレゼンテーションソフトを使った書類作成の能力も身に付きますから、さまざまなビジネスシーンで活用できる、実践力の高い資格です。

メリットその2:就職活動に有利

ビジネス文書実務検定試験は、公益財団法人全国商業高等学校協会が主催している資格です。社会人でも取得は可能ですが、主に商業高校や専門学校の生徒などを対象としており、社会人になったときに即戦力となれる人材の育成を目的に作られたものです。したがって、学生のうちに取得しておくのが、最も効率的な活用法といえます。

ビジネス文書作成のスキルを客観的に示す資格ですから、就職活動においてビジネス文書実務検定試験の合格者であれば、採用担当者に大いにアピールすることができ、就職活動に有利になります。さらに就職後も、即戦力として活躍できるため、キャリアアップへとつながりやすい資格です。

まとめ

ビジネス文書実務検定試験を受験するメリット
  • メリット1:情報社会での実務能力が身につく
  • メリット2:就職活動に有利

ビジネス文書実務検定試験とは、ビジネス文書の基本的な知識と、ワープロ入力に関する基本的なスキルを認定するための検定試験です。今回はビジネス文書実務検定試験を受験するメリットはたくさんあります。ぜひお勉強して、資格を取得しましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はビジネス文書実務検定試験を受験するメリットをみてみたよ!