DB/SQL

SQLで文字列を置換する方法(REPLACE関数)

SQLのREPLACE関数

データが誤っていたため、一括で置換して修正したい!そんなときはありませんか?今回はSQLで文字列を置換するときに使用するREPLACE関数と使用例をみていきましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回は文字列を置換するときに使用するSQLのREPLACE関数についてお勉強しましょう!

REPLACE関数の使い方

REPLACE関数の構文

SQLで文字列を置換するには、REPLACE関数を使用します。

REPLACE関数の使用例

たとえば、名前(name)の「dog」を「cat」に変えるには次のようにREPLACE関数を使用します。

実際に変換されるか、変更前の名前、変更後の名前を検索(select)して見ましょう。

検索結果は次のようになります。「dog」を「cat」に置換されていることがわかります。

name REPLACE(name,’dog’,’cat’)
dog cat
cat cat
dogdog catcat
penchan penchan

特定の文字列を置換する方法

REPLACE関数は列だけでなく、特定の文字列を置換することができます。
構文は次のようになります。

実際に変換されるか、変更前の文字列、変更後の文字列を検索(select)して見ましょう。

検索結果は次のようになります。「pen」を「penguin」に置換されていることがわかります。

‘penchan’ REPLACE(‘penchan’,’pen’,’penguin’)
penchan penguinchan

データを置換して更新する方法

SQLでデータを置換して更新するには、次のようにします。

実際に職業テーブル(job_table)の職業(job)を「student」から「teacher」に変更するSQLを作ってみましょう。

まずは事前に検索をかけてみましょう。

name job
penchan teacher
Taro student
Jiro musician

データを更新するSQLは次のようになります。

更新後の結果は次のようになります。

name job
penchan teacher
Taro teacher
Jiro musician

Taroの職業が「student」から「teacher」に変更されていることがわかります。

まとめ

今回は文字列を置換するときに使用するREPLACE関数と使用例をみていきました。ぜひ参考にしてみてください。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回は文字列を置換するときに使用するSQLのREPLACE関数についてお勉強したよ!