Linuxコマンド

【rmコマンド】ファイル・ディレクトリを削除する~Linuxコマンド~

rmコマンド

今回はLinuxコマンドであるrmコマンドの使用方法です。rmコマンドで指定したファイルやディレクトリを削除することができます。また、rmコマンドのオプションの使い方もあわせて紹介します。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのrmコマンドの使い方についてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

Linuxコマンド記事一覧
Linuxコマンド記事一覧Linuxコマンドの記事一覧です。ぜひ役立ててください。 Linuxコマンド一覧 b basename パスから...

rmコマンドとは

rmコマンド

ファイル・ディレクトリを削除する

rmコマンドはファイル・ディレクトリを削除するコマンドです。

rmコマンドは「remove」の略で、削除の意味です。

rmコマンドの形式

rmコマンドの形式は次の通りです。

ファイルを1つ削除する場合

ファイルを複数削除する場合

ディレクトリを1つ削除する場合

ディレクトリを複数削除する場合

「rm ファイル名」でファイルの削除、「rm -r ディレクトリ名」でディレクトリの削除が行えます。また同時に複数のファイル名やディレクトリ名を指定できます。

rmコマンドのオプション

rmコマンドのオプションは次のようなものがあります。

オプション 内容
-f エラーメッセージを表示しない。
-i 削除前に確認メッセージを出す。
-r,-R ディレクトリを削除する。
-v 詳細の結果を表示する。

rmコマンドの使用例

ファイルを削除する

まず、ファイル(penchan.txt)を削除してみましょう

この例では最初、ファイルが2つ(penchan.txt, dog.txt)ありましたが、penchan.txtが削除され、ファイルが1つ(dog.txt)になっていることが確認できます。

まとめてファイルを削除する

まとめてファイルを削除するにはすべてのファイルを指定するか、ワイルドカード「*」を使う方法があります。

エラーメッセージを表示しない(-fオプション)

指定したファイルやディレクトリが存在しない場合、警告メッセージが出るが、-fオプションを使用することで表示させないようにできる。

cat.txtというファイルは存在しないので上では警告が表示されているが、下では-fオプションを使用しているため警告は表示されていない。

削除前に確認メッセージを出す(-iオプション)

削除前に確認メッセージを出すためには-iオプションを使用する。

確認メッセージが表示されるのでYESを意味する「y」または「Y」を入力することで削除を行える。

削除を行いたくない場合は「y」と「Y」以外を入力または何も入力せずにEnterキーを押下してください。

ディレクトリを削除する(-rオプション)

まず、-rオプションを使用せずディレクトリを削除してみましょう

-rオプションを使用しないとディレクトリは削除されません。

-rオプションを使用するとディレクトリを削除することができました。

詳細を表示する(-vオプション)

削除した詳細の結果を表示するには-vオプションを使用します。

rmコマンドの使い方まとめ

今回はLinuxコマンドのrmコマンドとオプションの使い方についてお勉強しました。rmコマンドを実行すると指定したファイルやディレクトリを削除するすることができます。ぜひ使ってみてください。

rmコマンド

ファイル・ディレクトリを削除する

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのrmコマンドの使い方についてお勉強したよ!