Linuxコマンド

【chgrpコマンド】ファイル・ディレクトリのグループを変更する~Linuxコマンド~

chgrpコマンドの使い方

今回はLinuxコマンドであるchgrpコマンドの使い方です。chgrpコマンドで指定したファイルやディレクトリのグループを変更をすることができます。また、chgrpコマンドのサンプルもあわせて紹介します。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのchgrpコマンドの使い方についてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

Linuxコマンド記事一覧
Linuxコマンド記事一覧Linuxコマンドの記事一覧です。ぜひ役立ててください。 Linuxコマンド一覧 b basename パスから...

chgrpコマンドとは

chgrpコマンド

ファイル・ディレクトリのグループを変更する

chgrpコマンドはグループを変更するコマンドです。

chgrpコマンドの形式

chgrpコマンドの形式は次の通りです。

chgrpコマンドを実行するとファイル・ディレクトリのグループを変更することができます。

オプション 内容
-c グループが変更された場合、その実行結果を表示する。
-f エラーメッセージを表示しない。
-h シンボリックリンクのグループを変更する。
-R 指定したディレクトリ以下(指定したディレクトリも含む)のファイルやディレクトリのグループを再帰的に変更する。
-v 実行結果を表示する。※-cは、変更された場合のみの表示する。

グループを変更できるのは「変更前」と「変更後」の両方に属しているユーザーまたはスーパーユーザー(root)であれば可能です。

chgrpコマンドの使用例

まず、ファイル(penchan.txt)のグループを変更(animal ⇒ study)してみましょう

ディレクトリのグループの変更方法

ディレクトリのグループを再帰的に変更する場合は、オプション -R を使います。次の例ではディレクトリ/home/users/penchan/sample以下の全てのディレクトリとファイルのグループをanimalにしています。

chgrpコマンドの使い方まとめ

今回はLinuxコマンドのchgrpコマンドの使い方についてお勉強しました。chgrpコマンドを実行するとファイル・ディレクトリのグループを変更することができます。ぜひ使ってみてください。

chgrpコマンド

ファイル・ディレクトリのグループを変更する

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのchgrpコマンドの使い方についてお勉強したよ!