基本情報技術者試験

MIPSと平均命令実行時間とは?基本情報技術者試験を攻略しよう!

パソコン
ペンちゃん
ペンちゃん
今回はMIPSと平均命令実行時間についてお勉強しよう!

基本情報技術者試験攻略

情報処理技術者試験の一区分である基本情報技術者試験を攻略するためのシリーズになります。今回はMIPSと平均命令実行時間についてお勉強しましょう。

基本情報技術者試験の変更点 情報処理技術者試験とは 情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術...

MIPSとは

MIPS(million instructions per second)とは「ミップス」と読み、日本語に訳すと「100万命令毎秒」のことで、1秒間に何百万個の命令が実行できるかを表すものです。つまり、「1MIPS」は1秒間にコンピュータは1,000,000回の命令を実行できることを表しています。また、MIPSはコンピュータの性能指標の1つとなっています。

MIPS

1秒間に何百万個の命令が実行できるのかを表す単位

「GIPS(Giga instructions per second)」と呼ばれる1秒間に10億個の命令が実行できるかを表す単位もあります。

平均命令実行時間とは

平均命令実行時間とは、1命令を実行するのにかかる平均時間です。

平均命令実行時間

1命令を実行するのにかかる平均時間

MIPSと平均命令実行時間の関係

百万=106なので、MIPSと平均命令実行時間の関係はつぎのようになります。

MIPSと平均命令実行時間の関係

MIPS = 1 ÷ 平均命令実行時間(秒) × 10-6

過去問で攻略

問題

基本情報技術者 H22年秋 午前問9

平均命令実行時間が20ナノ秒のコンピュータがある。このコンピュータの性能は何MIPSか。

 5
 10
 20
 50

解答

公式
MIPS = 1 ÷ 平均命令実行時間(秒) × 10-6
を使います。
1ナノ秒=10-9秒なので、
平均命令実行時間(秒)=20×10-9
したがって
MIPS = 1 ÷(20×10-9) × 10-6
=1 ÷ 20 × 103
=1,000 ÷ 20
=50
したがって「エ」が正解です。

答え 

まとめ

基本情報技術者試験で覚えないといけない内容は以下になります。

MIPS

1秒間に何百万個の命令が実行できるのかを表す単位

平均命令実行時間

1命令を実行するのにかかる平均時間

MIPSと平均命令実行時間の関係

MIPS = 1 ÷ 平均命令実行時間(秒) × 10-6

以上のことを覚えておきましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はMIPSと平均命令実行時間について覚えたよ!