英検準1級の試験形式と合格するための学習法

英検準1級の試験内容と学習法

今回は英検準1級の試験形式と合格のするための勉強法を解説します。また英検準1級に合格するためのおすすめの参考書も紹介します。

今回は英検準1級の試験形式と勉強法について確認しよう!

目次

英検(英語検定)について

英検(英語検定)についてはこちらにまとめています。

英検準1級の試験内容

英検準1級は大学中級程度のレベルです。

程度

社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。

審査領域

読む:
社会性の高い分野の文章を理解することができる。
聞く:
社会性の高い内容を理解することができる。
話す:
社会性の高い話題についてやりとりすることができる。
書く:
社会性の高い話題についてまとまりのある文章を書くことができる。

参考:日本英語検定協会

英検準1級の試験内容

  • 大学中級程度のレベル
  • 1次試験:筆記(90分)/リスニング(約30分)
  • 2次試験:英語での面接(約8分)
  • 受験料:8,400円

1次試験

筆記(90分)/リスニング(約30分)の試験になります。
Reading・Listening・Whiting 各750点の2250点満点になります。1792点以上で合格になります。試験の形式は次の通りです。

リーディング

形式問題数内容
短文の語句
空所補充
25問文脈に合う適切な語句を補う。
長文の語句
空所補充
6問パッセージの空所に文脈に合う適切な語句を補う。
長文の内容
一致選択
10問パッセージの内容に関する質問に答える。

ライティング

形式問題数内容
英作文1問指定されたトピックについての英作文を書く。

リスニング

形式問題数内容
会話の内容
一致選択
12問会話の内容に関する質問に答える。
(放送回数1回)
文の内容
一致選択
12問パッセージの内容に関する質問に答える。
(放送回数1回)
Real-Life形式の内容
一致選択
5問Real-Life 形式の放送内容に関する質問に答える。(放送回数1回)

2次試験

英語での面接(約8分)の試験になります。個人面接で試験官は1人になります。750点満点512点以上で合格になります。内容は以下の通りです。

形式問題数内容
自由会話面接委員と簡単な日常会話を行う。
ナレーション1問4コマのイラストの展開を説明する。(2分間)
受験者自身の意見を問う質問1問イラストに関連した質問に答える。
受験者自身の意見を問う質問2問カードのトピックに関連した内容についての質問に答える。
受験者自身の意見を問う質問1問カードのトピックにやや関連した、社会性のある内容についての質問に答える。

英検準1級合格に必要な学習時間

英検準1級合格に必要な学習時間ですが、英検2級レベルについてはほぼ完璧な状態で200時間以上は必要です。

英検準1級の合格のための参考書4冊

以下の4冊を購入しましょう。

でる順パス単英検準1級

英検準1級は語彙力が大切です。

「でる順パス単英検準1級」は英検準1級に特化した単語帳になります。1850の単語+熟語が試験にでる順に効率よく暗記できます。また、音声ダウンロードサービスがついています。

英検準1級総合対策教本

受験申し込みから二次試験まで、英検準1級合格に必要な情報を1冊にまとめた総合対策書です。

英検準1級 過去6回全問題集+CD

英検準1級の過去問題集です。過去6回分の問題が掲載されています。音声データはダウンロード可能なのでCDでの音声再生をしたい場合は別売CDを購入してください。

14日でできる!英検準1級二次試験・面接完全予想問題

二次試験の面接の予想問題です。本番そっくりの練習問題が14セット収録されています。DVDで、面接試験中の様子はもちろん、会場到着から試験開始までの待ち時間や、試験終了後の様子まですべてを映像で確認することができます。

英検準1級の学習計画

上記4冊を購入したら以下の流れで学習します。

  1. でる順パス単英検準1級で単語の学習→80時間
  2. 英検準1級総合対策教本で試験の対策→60時間
  3. 英検準1級 過去6回全問題集で過去問を解く→30時間
  4. 14日でできる!英検準1級二次試験・面接完全予想問題で二次試験の対策→30時間

合計学習時間200時間

まとめ

英検準1級の合格に向けて、毎日こつこつと学習していきましょう。

今回は英検準1級の試験範囲と勉強法について確認したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる