【passwdコマンド】パスワードを変更する~Linuxコマンド~

passwdコマンドの使い方

今回はLinuxコマンドであるpasswdコマンドの使用方法です。passwdコマンドでパスワードを変更することができます。また、passwdコマンドのオプションの使い方もあわせて紹介します。

今回はLinuxコマンドのpasswdコマンドの使い方についてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

目次

passwdコマンドとは

passwdコマンド
パスワードを変更する

passwdコマンドはパスワードを変更するコマンドです。

passwdコマンドの形式

passwdコマンドの形式は次の通りです。

passwd [ユーザー名]

passwdコマンドを実行するとユーザーのログインパスワードを変更することができます。ユーザー名を指定しない場合、今使用しているユーザーのパスワードを変更します。

オプション内容
ユーザー名パスワードを変更するユーザー名を指定する

他人のパスワードを変更できるのはスーパーユーザー(root)のみになります

passwdコマンドの使用例

ログイン中のユーザー(penchan)のパスワードをpasswdコマンドを使って変更してみよう。

$ passwd
ユーザー penchan のパスワードを変更。
penchan 用にパスワードを変更中
現在のUNIXパスワード:
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました。

元のパスワードと新しいパスワードを2回入力する必要があります。

パスワードは/etc/passwdファイルに保存されます。

次にスーパーユーザー(root)でユーザー(penchan)のパスワードをpasswdコマンドを使って変更してみよう。

# passwd penchan
ユーザー penchan のパスワードを変更。
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました。

新しいパスワードを2回入力する必要があります。

passwdコマンドの使い方まとめ

今回はLinuxコマンドのpasswdコマンドの使い方についてお勉強しました。passwdコマンドを使用してパスワードを変更してみましょう。

passwdコマンド
パスワードを変更する

ぜひ覚えて利用してください。

今回はLinuxコマンドのpasswdコマンドの使い方についてお勉強したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる