SPI

SPIとは?SPIのテスト内容とおすすめの参考書

多くの企業の採用選考で適性検査として「SPI」が用いられています。就活を有利に進めるためにSPIの内容の確認と準備をしていきましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はSPIの試験内容と対策について確認しよう!

SPIについて

SPIとはどのようなテストなのでしょうか?SPIとはリクルートが行っている適性検査のことです。SPIを利用している企業は10,000社以上、受験者は180万人以上にもなります。SPIには能力検査だけでなく、性格検査もあります。それぞれの内容についてみていきましょう。

SPIの能力検査

SPIの能力検査は「言語分野」「非言語分野」の2種類あり、働く上で必要となる基礎的な能力を測る検査です。
試験時間は「言語分野」と「非言語分野」合わせて35分程度です。(ペーパーテストの場合は70分程度になります。)

SPIの性格検査

SPIの性格検査は行動や考え方を把握するために行われ、どのような仕事に向いているのかを測る検査です。試験時間は30分程度です。(ペーパーテストの場合は40分程度になります。)

SPIの受験方法

SPIの受験方法には「テストセンター」・「Webテスティング」・「ペーパーテスティング」・「インハウスCBT」の4つあります。

テストセンター

テストセンターと呼ばれる会場のパソコンで受検する形式の試験です。指定された受検期間の中から都合の良い日程・会場を予約し、受検します。また、4つの試験方式の中で一番多く行われている形式になります。

Webテスティング

自宅や学校などのパソコンで受検する形式の試験です。指定された受検期間中に都合の良い時間で受検します。スマートフォンでは受験できませんので注意しましょう。

ペーパーテスティング

応募先の企業、または企業が用意した会場で、マークシートで受検する形式です。

インハウスCBT

応募先の企業のパソコンで受検する形式の試験です。

SPI試験の対策とおすすめの参考書

SPIの対策としては問題に慣れることが大切です。
おすすめの参考書はこれです。この1冊をマスターして就活を有利に進めましょう。

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ!

SPIの主要3方式に対応していて、出題範囲と問題を忠実に再現しています。また、性格検査の解説も掲載しているので試験対策にばっちりです。

まとめ

多くの企業の採用選考で適性検査として「SPI」が用いられています。就活を有利に進めるためにSPIの準備をしていきましょう。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はSPIの試験内容と対策について確認したよ!