ITパスポートの合格するための勉強法とおすすめの参考書

ITパスポート

現在まで100万人以上が受験している、ITパスポート(iパス)の試験はどのような資格なのか紹介します。また、試験合格のコツを学んでITパスポートをお勉強しましょう。

今回はITパスポートについてお勉強しましょう!

目次

ITパスポートとは

ITパスポートの位置づけ

ITパスポート(iパス)とは、「情報処理技術者試験」のうち最も簡単なエントリーレベルの資格で、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験になります。
現在まで100万人以上が受験しています。

ITパスポートの合格のメリット

ITパスポートを取得すると次のようなメリットがあります。

メリット1 ITに関する基礎知識だけではない幅広い知識が取得可能!

ITパスポートを勉強、取得することで、ITに関する知識はもちろんですが、ITを活用する上で前提となる幅広い分野も出題範囲に含まれているため、企業活動、経営戦略、会計や法務などの知識も習得できます。

メリット2 進学、就活、昇進等で役立つ国家試験!

ITパスポートは入試優遇制度や単位認定を行われている大学もあります。また、履歴書にも記載できるため、就活時、企業にITに関する基礎知識があることをアピールできます。
また、社員教育にも用いている企業があるため、昇進にも役立ちます。

ITパスポートの試験内容

ITパスポートの試験内容を見ていきましょう。

試験時間120分
出題数小問:100問
出題形式四肢択一式
出題分野ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術):45問程度
合格基準総合評価点600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ300点以上であること
総合評価点
      600点以上/1,000点(総合評価の満点)
分野別評価点
      ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
      マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
      テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
受験資格/前提条件受験資格や前提条件はありません。誰でも受験可能です。
試験方式CBT(Computer Based Testing)方式
受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。
採点方式IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出します。

ITパスポート試験は試験時間120分に対して、問題数は100問です。また、すべての問題が4択であるため、一問に長時間かけないことがポイントになります。

ITパスポートの出題範囲

ITパスポートの出題範囲を見ていきましょう。

分野大分類中分類
ストラテジ系1企業と法務1企業活動
2法務
2経営戦略3経営戦略マネジメント
4技術戦略マネジメント
5ビジネスインダストリ
3システム戦略6システム戦略
7システム企画
マネジメント系4開発技術8システム開発技術
9ソフトウェア開発管理技術
5プロジェクトマネジメント10プロジェクトマネジメント
6サービスマネジメント11サービスマネジメント
12システム監査
テクノロジ系7基礎理論13基礎理論
14アルゴリズムとプログラミング
8コンピュータシステム15コンピュータ構成要素
16システム構成要素
17ソフトウェア
18ハードウェア
9技術要素19ヒューマンインタフェース
20マルチメディア
21データベース
22ネットワーク
23セキュリティ

受験者数と合格率

ITパスポートの受験者数と合格率はこちらの記事をご覧ください。

ITパスポートの受験方法

試験実施日

全国の試験会場で、CBT方式により実施されています。試験を希望する日の3か月前から前日まで、空席があればいつでも申し込み可能です。

試験室内へ時計(腕時計も含む)は持ち込めませんので注意が必要です。試験の残り時間はパソコンの受験画面上に表示されます。

試験の受験料

ITパスポートの受験料は5,700円(税込)となります。

申込方法

ITパスポートの申込のは以下の流れになります。

STEP
利用者IDを登録
STEP
登録したIDを用いて利用者メニューから「受験申込」を選択
STEP
希望の地域・試験会場・試験日・試験開始時間を選択
STEP
支払い方法を選択して申込

詳細はITパスポートのサイトをご覧ください。
ITパスポートの申し込みはこちら

ITパスポート試験合格するための勉強法

独学で取得できる?

ITパスポートは基礎的な内容であるため、独学で取得可能です。書籍やオンライン講座も豊富にあるため、独学で勉強する人が多いです。

ITパスポートの書籍での勉強法

ITパスポートの参考書は沢山でているので、まずは自分に合ったものを購入して、ひたすら基礎を身につけてください。最初から全て理解しようとしなくても大丈夫。全体の流れを掴んだら、過去問を解いてみてください。そして不正解だったところは、もう一度参考書に帰って正しい知識を身に着けるようにするのが鉄則です。過去問や予想問題をひたすら解いて、参考書で再確認のプロセスを3周くらいして、知識を頭と体で覚え込みましょう。

ITパスポートのおすすめの参考書

栢木先生のITパスポート教室

図や表も多く、理解しやすいため初心者にオススメの参考書です。合格するための情報は網羅されているためこの1冊で参考書は十分です。

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート

こちらもイラストで解説されているキタミ式の参考書になります。『栢木先生のITパスポート教室』よりも網羅性は低いですが初心者にはこちらのほうがイメージがつかめるかもしれません。

かんたん合格ITパスポート過去問題集

売上実績No.1のITパスポート過去問題集になります。わかりやすい解説で、5年分の過去問を学習できます。

ITパスポートのオンラインでの勉強法

スタディングの「ITパスポート講座」

スタディングの「ITパスポート講座」はスマートフォンやPC、タブレットを使用したオンラインの資格講座です。試験によく出題される重要なポイントを専任講師が厳選して図やグラフ等で分かりやすく解説した動画講座や過去問題を徹底分析した問題集など、無駄を省いた教材が用意されています。

タディングの「ITパスポート講座」のメリット
オンラインなのでいつでもどこでも学べる
動画なので書籍より理解しやすい
大手資格学校の数分の1の価格で手軽に学べる

\ ここをクリック /

まとめ

ITパスポートは、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験になります。誰でも受験することが可能なのでぜひ受験してみてください。

今回はITパスポートについてお勉強しました!

本文中の内容はITパスポートの公式サイトを参考・引用させていただいております。
参考・引用:ITパスポート公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる