【hostnameコマンド】ホスト名の確認・設定~Linuxコマンド~

hostnameコマンドの使い方

今回はLinuxコマンドであるhostnameコマンドの使用方法です。hostnameコマンドでホスト名の確認と設定をすることができます。また、hostnameコマンドのオプションの使い方もあわせて紹介します。

今回はLinuxコマンドのhostnameコマンドについてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

目次

hostnameコマンドとは

hostnameコマンド
ホスト名の確認・設定をする

hostnameコマンドを用いることでホスト名の確認・設定をすることができます。

hostnameコマンドの形式

hostnameコマンドの形式は次の通りです。

$ hostname [オプション] [ホスト名] 

hostnameコマンドを実行するとホスト名の確認・設定することができます。

一般ユーザーは確認のみすることができます。変更する場合にはスーパーユーザー(root)で実行する必要があります。

hostnameコマンドのオプション

hostnameコマンドのオプションを見てみましょう。

オプション内容
-aホストの別名を表示する
-dDNSドメイン名を表示する
-fホスト名をFQDNで表示する
-iホストのIPアドレスを表示する
-s短縮形式のホスト名を表示する
-yNISドメイン名を表示する

hostnameコマンドの使用例

#ホスト名の確認
$ hostname
penchan

#ホスト名の変更(スーパーユーザで実行)
# hostname study

#ホスト名の確認
$ hostname
study

hostnameコマンドの使い方まとめ

hostnameコマンドの使い方をまとめると以下のようになります。

hostnameコマンド
ホスト名の確認・設定をする

今回はhostnameコマンドをマスターしたよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる