数学・算数検定

数検準1級の試験範囲と勉強法

数検準1級の学習法

今回は数検準1級の試験範囲と勉強法についてです。数検準1級の合格のためのおすすめ参考書3選もあげています。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回は数検準1級の試験範囲と勉強法について確認しよう!

数検について

数検についてはこちらにまとめています。

数検各級の対策
数学・算数検定の各級のレベルと対策 数学検定とは 数学検定(数検)は正式名称「実用数学技能検定」で「文部科学省」後援の試験となります。1級から5級までを「数学...

数検準1級の試験内容

数検準1級の試験内容
  • 高校3年程度のレベル
  • 1次試験:60分/7問/70%程度で合格
  • 2次試験:120分/2題必須、5題から2題選択/60%程度で合格
  • 受験料:6,700円(個人)/5,500円(提携・団体)
  • 1次試験

    60分で7問を解答する試験になります。全問題の70%程度で合格になります。

    2次試験

    120分の検定試験です。
    2題必須、5題から2題選択で、60%程度の正解で合格になります。

    数検準1級の試験範囲

    数検準1級は高校3年程度(数学Ⅲ程度)の試験です。
    内容は以下の通りです。

    レベル 内容 割合
    高校3年程度(数学Ⅲ程度) 数列と極限、関数と極限、いろいろな関数(分数関数・無理関数)、合成関数、逆関数、微分法・積分法、行列の演算と一次変換、いろいろな曲線、複素数平面、基礎的統計処理、コンピュータ(数式処理) など 50%
    高校2年程度(数学Ⅱ・数学B程度) 式と証明、分数式、高次方程式、いろいろな関数(指数関数・対数関数・三角関数・高次関数)、点と直線、円の方程式、軌跡と領域、微分係数と導関数、不定積分と定積分、ベクトル、複素数、方程式の解、確率分布と統計的な推測、コンピュータ(数値計算) など 40%
    特有問題 数検独自の特有問題 10%

    上記の分野から出題されます。

    試験の形式

    数検準1級はすべて記述式です。1次試験は答えのみですが、2次試験は導出過程も記述しなければなりません。

    数検準1級合格に必要な学習時間

    数検準1級合格に必要な学習時間ですが、数学Ⅲまで学習済みで50時間程度です。数学Ⅲを未学習の場合は先に数学Ⅲを学習してください。

    数検準1級の合格のためのおすすめ参考書3冊

    以下の3冊を購入しましょう。

    実用数学技能検定 要点整理

    単元別に構成された問題集です。基本事項のまとめがされているため、合格に向けて学習できます。

    実用数学技能検定 過去問題集

    日本数学検定協会の過去問題集です。4回分が収録されていて、解説も詳しいのです。

    実用数学技能検定 記述式演習帳

    記述式試験を攻略するための問題集です。「例題」「練習問題」「実践問題」の3ステップ構成なので、記述試験の対策になります。

    数検準1級学習法

    上記3冊を購入したら以下の流れで学習します。

    1. 要点整理を解く。→ 20時間
    2. 記述式演習帳を解く。→ 20時間
    3. 過去問題集を解く。→ 20時間
    4. 苦手の分野の復習をする。→ 10時間

    合計学習時間70時間

    まとめ

    数検準1級は記述式です。毎日こつこつと学習していきましょう。

    ペンちゃん
    ペンちゃん
    今回は数検準1級の試験範囲と勉強法について確認したよ!