Linuxコマンド

【topコマンド】topコマンドの見方~Linuxコマンド~

パソコン
ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのtopコマンドの見方についてお勉強しよう!

topコマンドとは

topコマンド

システム状況を表示する

topコマンドを用いることでシステム状況を表示することができます。

topコマンドの使用方法と見方

topコマンドの形式は次の通りです。

$ top [オプション]

オプション 内容
-d 時間 状況の更新間隔(単位は秒)
-p プロセスID 指定したプロセスIDのみ表示
-U ユーザー 指定したユーザーのみ表示
-q topを最高の優先順位で実行(スーパーユーザーである必要有)

topコマンドを実行するとプロセス、CPUやメモリといったシステム情報を表示することができます。

topコマンドの使用例

#システム状況を表示する
1 $ top
2 top - 08:00:00 up 2 day, 10:21, 2 user, load average: 0.01, 0.02, 0.02
3 Tasks: 23 total, 11 running, 12 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
4 %Cpu(s): 0.0 us, 0.1 sy, 0.0 ni, 99.9 id, 0.0 wa, 0.0 hi, 0.0 si, 0.0 st
5 Mem: 10000000k total, 5000000k used, 3500000k free, 500000k buffers
6 Swap: 0k total, 0k used, 0k free, 211223k cached
7
8 PID USER PRI NI SIZE RSS SHARE STAT LIB %CPU %MEM TIME+ COMMAND
9 389 penchan 11 0 323 343 898 R 0 0.1 0.1 0:00.02 top
10 1 root 20 0 2210 892 936 S 0 0.0 0.0 0:21.32 init
~省略~

結果1行目の各項目の見方

1行目に表示されているのは現在時刻、稼働時間、ログインユーザ数、ロードアベレージです。
この行はuptimeコマンドの実行結果と同じ表示になっています。

結果2行目Tasksの各項目の見方

2行目のTasksはタスクの状態を表示しています。各項目は次のようになっています。

項目 内容
total タスクの合計
running 稼働中タスク数
sleeping 待機中タスク数
stopped 停止タスク数
zombi ゾンビタスク数(完了済みのメモリから消去されていないタスク)

結果3行目Cpu(s)の各項目の見方

3行目のCpu(s)はCPUの状態を表示しています。各項目は次のようになっています。

項目 内容
us ユーザプロセスの使用時間
sy システムプロセスの使用時間
ni 実行優先度を変更したユーザプロセスの使用時間
id アイドル状態の時間
wa I/Oの終了待ちをしている時間
hi ハードウェア割込み要求での使用時間
si ソフトウェア割込み要求での使用時間

結果4行目Memの各項目の見方

4行目のMemは物理メモリの状態を表示しています。各項目は次のようになっています。

項目 内容
total メモリの合計容量
used 使用中のメモリ容量
sleeping 待機中タスク数
free 未使用のメモリ容量
buffers バッファに使用されているメモリの容量

この行はfreeコマンドの実行結果と同じ表示になっています。

結果5行目Swapの各項目の見方

5行目のSwapはスワップ領域の状態を表示しています。各項目は次のようになっています。

項目 内容
total スワップ領域の合計量
used 使用中のスワップ領域
free 未使用のスワップ領域
cached キャッシュされているスワップ領域

結果6行目以降のプロセスの各項目の見方

6行目以降のプロセスの各項目の内容は次のようになっています。

項目 内容
PID プロセスID
USER ユーザー
PR プライオリティ(優先度)
NI nice値
VIRT 仮想メモリの総量
RES 常駐サイズ(KB)
SHR 共有メモリサイズ(KB)
S プロセス状態
%CPU CPU利用率
%MEM メモリー利用量
TIME+ CPU利用時間(秒)
COMMAND コマンド

この行はpsコマンドの実行結果と同じ表示になっています。

topコマンドを終了するには?

topコマンドを終了するにはCtrlキー+Cキーまたはqキーを押すことで終了することができます。

topコマンドの使い方まとめ

topコマンドの使い方をまとめると以下のようになります。

topコマンド
  • top [オプション]
  • プロセス、CPU、メモリ等のシステム状況を表示する
ペンちゃん
ペンちゃん
今回はtopコマンドの見方をマスターしたよ!