【sleepコマンド】処理を停止する~Linuxコマンド~

sleepコマンドの使用方法

今回はLinuxコマンドであるsleepコマンドの使用方法です。sleepコマンドで処理を停止することができます。また、sleepコマンドの時間の指定方法もあわせて紹介します。

今回はsleepコマンドについてお勉強しよう!

他のLinuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

目次

sleepコマンドとは

sleepコマンド
処理を停止する

sleepコマンドを用いることで処理を停止する(遅らせる)ことができます。

使用方法

処理を停止する

sleepコマンドで処理を停止するには次のようにすればよい。

$ sleep 数値

次の例では、sleepコマンドを使用して、10秒停止しています。

#10秒停止
$ sleep 10

次の例では、sleepコマンドを使用して、10秒停止した後catコマンドを実行しています。

#10秒停止した後catコマンドを実行
$ sleep 10;cat file_a
aaa

処理を停止する時間のオプション

sleepコマンドで使用できるオプションは次の通りです。

sleepコマンドで使用できるオプション

  • s⇒○秒停止する
  • m⇒○分停止する
  • h⇒○時間停止する
  • d⇒○日停止する

次の例では、オプションを使用して、停止時間を指定しています。

#10秒停止
$ sleep 10s

#10分停止
$ sleep 10m

#3時間停止
$ sleep 3h

#1日停止
$ sleep 1d

まとめ

sleepコマンドは以下の通りです。

sleepコマンドで使用できるオプション

  • s⇒○秒停止する
  • m⇒○分停止する
  • h⇒○時間停止する
  • d⇒○日停止する

ぜひ覚えて利用してください。

今回はsleepコマンドについてお勉強したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる