Linuxコマンド

【mkdirコマンド】ディレクトリを作成する~Linuxコマンド~

mkdirコマンド

今回はLinuxコマンドであるmkdirコマンドの使用方法です。mkdirコマンドでディレクトリを作成することができます。また、mkdirコマンドのオプションの使い方もあわせて紹介します。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのmkdirコマンドの使い方についてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

Linuxコマンド記事一覧
Linuxコマンド記事一覧Linuxコマンドの記事一覧です。ぜひ役立ててください。 Linuxコマンド一覧 b basename パスから...

mkdirコマンドとは

mkdirコマンド

ディレクトリを作成する

mkdirコマンドを用いることでディレクトリを作成することができます。

mkdirは何の略か

mkdirコマンドは、”make directory”の通り、ディレクトリを作成するコマンドです。

mkdirコマンドの使用方法

ディレクトリを作成する

mkdirコマンドでディレクトリを作成するには次のようにすればよい。

次の例では、mkdirコマンドを使用して、ディレクトリ(penchan_directory)を作成しています。

rmコマンドのオプション

rmコマンドのオプションは次のようなものがあります。

オプション 内容
-m ディレクトリのパーミッションを設定する。
-p 親ディレクトリも作成する。
-v 詳細の結果を表示する。

パーミッションを指定してディレクトリを作成する(-mオプション)

mkdirコマンドでパーミッションを指定してディレクトリを作成するには次のようにすればよい。

次の例では、mkdirコマンドに-mオプションを使い、パーミッション(755)を指定してディレクトリ(penchan_directory)を作成しています。

ディレクトリの階層を作成する(-pオプション)

mkdirコマンドでディレクトリの階層を作成するには次のようにすればよい。

次の例では、mkdirコマンドに-pオプションを使い、親ディレクトリ(parent_directory)の配下に子ディレクトリ(child_directory)を作成しています。

詳細の結果を表示する(-vオプション)

mkdirコマンドでディレクトリの作成結果を表示するには次のようにすればよい。

次の例では、mkdirコマンドに-pオプションを使い、親ディレクトリ(parent_directory)の配下に子ディレクトリ(child_directory)を作成した結果を表示しています。

オプションを同時に指定する

オプションは同時に指定することができます。

まとめ

今回はLinuxコマンドのmkdirコマンドとオプションの使い方についてお勉強しました。mkdirコマンドを実行するとディレクトリを作成することができます。ぜひ使ってみてください。

mkdirコマンド
  • ディレクトリを作成する
  • -m ⇒ パーミッションを指定する
  • -p ⇒ ディレクトリの階層を作成する

ぜひ覚えて利用してください。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回はLinuxコマンドのmkdirコマンドの使い方についてお勉強したよ!