【whoamiコマンド】今使っているユーザの確認~Linuxコマンド~

whoamiコマンドの使い方

今回はLinuxコマンドであるwhoamiコマンドの使用方法です。whoamiコマンドで今使っているユーザの確認ができます。

今回はLinuxコマンドのwhoamiコマンドの使い方についてお勉強しよう!

Linuxコマンド一覧はこちらの記事をご覧ください。

目次

whoamiコマンドとは

whoamiコマンド
ユーザ名を確認

whoamiコマンドを用いることでユーザ名を確認することができます。

suコマンドで変更した後、ユーザがわからなくなった場合などに使用します。

whoamiは何の略か

whoamiコマンドは、”Who am I?”の通り、自分はだれなのか?すなわち、今使用しているユーザ名を確認するコマンドです。

使用方法

ユーザ名を確認

whoamiコマンドでユーザ名を確認するには次のようにすればよい。

$ whoami

次の例では、whoamiコマンドを使用して、使用しているユーザ(penchan)を確認しています。

#ユーザの確認
$ whoami
penchan

sudoコマンドで実行した場合はその時のユーザが出力されます。

#sudoでユーザの確認
$ sudo whoami
root

ユーザの切り替えを行うには、以下の記事を参照してください。

まとめ

whoamiコマンドは以下の通りです。

whoamiコマンド
ユーザ名を確認

ぜひ覚えて利用してください。

今回はLinuxコマンドのwhoamiコマンドの使い方についてお勉強したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる