DB/SQL

SQLの種類一覧と違い(DML/DDL/DCL)

SQLの区分DDLとDMLとDCLの違い
ペンちゃん
ペンちゃん
今回はSQLの種類一覧と違いについてお勉強しよう!

SQLの区分DML/DDL/DCLとその違い

今回はSQLの区分であるDML/DDL/DCLとその違いについて学習していきましょう。

SQLとは

SQL(Structured Query Language )とは、 関係データベース(RDB、relational database)において、管理や操作を行うための言語です。SQLには『DDL(Data Definition Language)』『DML(Data Manipulation Language)』『DCL(Data Control Language)』があります。

DDL(Data Definition Language)

DDL(Data Definition Language)はデータ定義言語と呼ばれ、データベースやテーブルの作成などの操作に用いるものがこれに当たります。

DML(Data Manipulation Language)

DML(Data Manipulation Language)はデータ操作言語と呼ばれ、データの検索や追加・削除等のデータの操作に用いるものがこれに当たります。

DCL(Data Control Language)

DCL(Data Control Language)はデータ制御言語と呼ばれ、ユーザー権限やトランザクション処理など制御系の操作がこれに当たります。

まとめると次のようになります。

DML/DDL/DCLの違いと例

言語 概要
DDL
(Data Definition Language)
データベースの構造を定義するための命令 CREATE
DROP
ALTER
TRUNCATE
DML
(Data Manipulation Language)
データベースのデータを操作するための命令 SELECT
INSERT
UPDATE
DELETE
DCL
(Data Control Language)
データベースへのアクセス権を制御するための命令 GRANT
REVOKE
COMMIT
ROLLBACK

まとめ

データベーススペシャリスト試験で覚えないといけない内容は以下になります。

データベーススペシャリストを攻略
  • SQLとは関係データベースにおいて、管理や操作を行うための言語
  • DDLとはデータベースの構造を定義するための命令
  • DMLとはデータベースのデータを操作するための命令
  • DCLとはデータベースへのアクセス権を制御するための命令

  • 以上の4つを覚えておきましょう。

    ペンちゃん
    ペンちゃん
    今回はSQLの種類一覧と違いについてお勉強したよ!