java scriptで素数を判定する方法~サンプルコードも掲載~

javascriptで素数を判定する方法

今回はjava scriptで素数を判定する方法について学習しましょう。実際のサンプルコードもあわせて紹介します。

今回はjava scriptで素数を判定する方法についてお勉強しよう!

目次

JavaScriptで素数を判定する方法

まずは素数について確認しましょう。

素数とは

素数とは1と自分自身以外で割り切れない数

上記定義から2,3,5,7,・・・は素数で、1,4,6,8,9は素数ではありません。

JavaScriptで素数を判定するサンプルコード

一番簡単な方法は次の方法です。
順に小さいほうから割って、割り切れたら合成数、割り切れなかったとき素数となります。

/*
概要:素数判定処理
引数:num 正の整数
戻り値:true(素数の時)、false(合成数)
*/
function primejudge (num) {
  //1 は素数でないので false を返す
  if(num == 1) {
    return false;
  //2 は素数なので true を返す
  } else if(num == 2) {
    return true;
  } else {
    for(i = 2; i < num; i++) {
    //割り切れたら合成数なのでfalse
     if(num % i == 0) {
      return false;
     }
     //割り切れないとき素数なのでtrue
     if(i + 1 == num) {
      return true;
     }
    }
  }
}

上のfunctionを使用して1から10の数が素数かどうか確認してみましょう。

for(j = 1; j < 11; j++) {
  console.log( j + " : " + primejudge (j));
}

結果は次のようになります。

1 : false
2 : true
3 : true
4 : false
5 : true
6 : false
7 : true
8 : false
9 : false
10 : false

まとめ

今回はjava scriptで素数を判定する方法について学習してみました。
皆さんもやってみてください。

今回はjava scriptで素数を判定する方法についてお勉強したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる