数検5級の試験範囲と勉強法

数検5級の試験範囲と対策

数学検定(数検)5級の試験範囲と勉強法を解説します。また、数学5級の合格のためのおすすめ参考書をご紹介します。

今回は数検5級の試験範囲と勉強法について確認しよう!

目次

数検について

数検についてはこちらにまとめています。

数検5級の試験内容

数検5級の試験内容

  • 中学校1年程度のレベル
  • 1次:60分/30問/70%程度で合格
  • 2次:60分/20問/60%程度で合格
  • 受験料:4,000円(個人受検)/3,000円(提携会場・団体受検)

1次試験

60分で30問を解答する試験になります。全問題の70%程度で合格になります。

2次試験

60分で20問を回答する試験になります。60%程度の正解で合格になります。

数検5級の試験範囲

数検5級は中学校1年程度の試験です。
内容は以下の通りです。

レベル内容割合
中学校1年程度正の数・負の数を含む四則混合計算、文字を用いた式、一次式の加法・減法、一元一次方程式、基本的な作図、平行移動、対称移動、回転移動、空間における直線や平面の位置関係、扇形の弧の長さと面積、平面図形の構成、空間図形の切断・投影・展開、柱体・錐体及び球の表面積と体積、直角座標、負の数を含む比例・反比例、近似値と誤差、度数分布とヒストグラム、平均値と範囲 など30%
小学校6年程度分数を含む四則混合計算、円の面積、円柱・角柱の体積、速さの理解、縮図・拡大図、対称性などの理解、基本的単位の理解、比の理解、比例や反比例の理解、資料の整理、簡単な文字と式、簡単な測定や計量の理解 など30%
小学校5年程度整数や小数の四則混合計算、約数・倍数、分数の加減、三角形・四角形の面積、三角形・四角形の内角の和、立方体・直方体の体積、平均、単位量あたりの大きさ、多角形、図形の合同、円周の長さ、角柱・円柱、簡単な比例、基本的なグラフの表現、割合や百分率の理解 など30%
特有問題数検独自の特有問題10%

上記の分野から出題されます。

試験の形式

数検5級はすべて記述式です。1次試験は答えのみですが、2次試験は答えだけでなく導出過程も記述する問題もあります。

数検5級合格に必要な学習時間

数検5級合格に必要な学習時間ですが、中学校1年程度まで学習済みで50時間程度です。中学校1年程度の数学を未学習の場合は先に中学校1年程度の数学を学習してください。

数検5級の合格のためのおすすめ参考書3冊

以下の3冊を購入しましょう。

実用数学技能検定 要点整理

単元別に構成された問題集です。基本事項が整理されているため、合格に向けて学習できます。

過去問題集

日本数学検定協会の過去問題集です。4回分が収録されていて、解説も詳しいのです。

実用数学技能検定 文章題練習帳

文章題を攻略するための問題集です。「例題」「練習」「確認テスト」の3ステップ構成なので、文章題の対策になります。

数検5級学習法

上記3冊を購入したら以下の流れで学習します。

  1. 要点整理を解く。→ 15時間
  2. 記述式演習帳を解く。→ 15時間
  3. 過去問題集を解く。→ 15時間
  4. 苦手の分野の復習をする。→ 5時間

合計学習時間50時間

まとめ

数検5級は文章題もあります。毎日こつこつと学習していきましょう。

今回は数検5級の試験範囲と勉強法について確認したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる