数学・算数検定

数検1級の試験範囲と勉強法

数検1級の勉強法

今回は数検準1級の試験範囲と勉強法についてです。数検準1級の合格のためのおすすめ参考書6選もあげています。

ペンちゃん
ペンちゃん
今回は数検1級の試験範囲と勉強法について確認しよう!

数検について

数検についてはこちらにまとめています。

数検各級の対策
数学・算数検定の各級のレベルと対策 数学検定とは 数学検定(数検)は正式名称「実用数学技能検定」で「文部科学省」後援の試験となります。1級から5級までを「数学...

数検1級の試験内容

数検1級の試験内容
  • 大学程度度のレベル
  • 1次試験:60分/7問/70%程度で合格
  • 2次試験:120分/2題必須、5題から2題選択/60%程度で合格
  • 受験料:7,800円(個人)
  • 数検1級は提携会場受検・団体受検での実施はありません。

    1次試験

    60分で7問を解答する試験になります。全問題の70%程度で合格になります。

    2次試験

    120分の検定試験です。
    2題必須、5題から2題選択で、60%程度の正解で合格になります。

    数検1級のここが難しい

    試験範囲が広い

    とにかく試験範囲が広いです。

    分野 内容
    解析 微分法、積分法、基本的な微分方程式、多変数関数(偏微分・重積分)、基本的な複素解析
    線形代数 線形方程式、行列、行列式、線形変換、線形空間、計量線形空間、曲線と曲面、線形計画法、二次形式、固有値、多項式、代数方程式、初等整数論
    確率統計 確率、確率分布、回帰分析、相関係数
    コンピュータ 数値解析、アルゴリズムの基礎
    その他 自然科学への数学の応用 など

    上記の分野から出題されます。

    記述式

    数検1級はすべて記述式です。1次試験は答えのみですが、2次試験は導出過程も記述しなければならないため、難易度は高いです。

    数検1級合格に必要な学習時間

    数検1級合格に必要な学習時間ですが、数検準1級レベルについてはほぼ完璧な状態で100時間以上は必要です。数検準1級がぎりぎり合格の人だと200時間程度は見積もったほうがいいと思います。

    数検1級の合格のためのおすすめ参考書6冊

    以下の6冊を購入しましょう。

    過去問題集

    日本数学検定協会の過去問題集です。7回分が収録されていて、解説も詳しいのです。

    テキスト

    テキストはそれぞれの分野のものを購入しましょう。

    微分積分のテキスト

    線形代数のテキスト

    確率統計のテキスト

    問題集

    演習問題は問題を多く解いたほうがいいので下の2冊を解いていきましょう。数を経験することで試験に慣れていきましょう。

    数検1級学習法

    上記6冊を購入したら以下の流れで学習します。

    1. 数検準1級までの復習。→(完璧の人は飛ばす)80時間
    2. テキストで学習。→3 × 20時間 = 60時間
    3. 演習問題を解く。→ 2 × 20時間 = 40時間
    4. 過去問題集を解く。→ 20時間

    合計学習時間200時間

    まとめ

    数検1級の合格は時間がかかります。毎日こつこつと学習していきましょう。

    ペンちゃん
    ペンちゃん
    今回は数検1級の試験範囲と勉強法について確認したよ!