【DB2】全テーブルの件数を確認する方法

この記事ではDB2で全テーブルの件数を確認する方法についてまとめています。

今回はDB2で全テーブルの件数を確認する方法について学習しよう!

目次

DB2で全テーブルの件数を確認する方法

全テーブルをテーブルごとにcountして件数を取得するには時間がかかります。
統計情報から件数を取得すると短時間で全テーブルの件数を取得できます。

まずは件数を取得するSQLを確認してみましょう。

件数を取得するSQL

テーブル名と件数を取得する

select tabname, card from syscat.tables;

スキーマ名、テーブル名と件数を取得する

select tabschema, tabname, card from syscat.tables;

スキーマを指定してテーブル名と件数を取得する

select tabname, card from syscat.tables where tabschema = 'スキーマ名';

スキーマを指定して件数が多い順にテーブル名と件数を取得する

select tabname, card from syscat.tables where tabschema = 'スキーマ名' order by card desc;

cardとは?

cardとはSYSCAT.TABLES カタログ・ビューと呼ばれるDB2の統計情報が格納されているテーブルの項目です。
テーブル内の件数が格納されます。

統計情報が収集されていない場合は-1が格納されています。

統計情報を収集するには?

統計情報を収集するには次のコマンドを使用します。

RUNSTATS ON TABLE テーブル名;

参考:SYSCAT.TABLES カタログ・ビュー

まとめ

全テーブルをテーブルごとにcountして件数を取得するには時間がかかります。
統計情報から件数を取得すると短時間で全テーブルの件数を取得できることを学習しました。

今回はDB2で全テーブルの件数を確認する方法について学習したよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる